日本映画を観ながら日本語を勉強しよう

日本のアニメは楽しいですが、あなたの日本語の習得にも役立つ可能性があるのです。映像を楽しむだけで勉強をしているようなプレッシャーがないため、言語習得がより気軽なものになるでしょう。

しかし中にはアニメにあまり興味がなく、コメディや悲劇、ドラマなどの映画を観るのがお好きな方もいらっしゃるかと思います。そのような方は、日本映画を鑑賞することが、教室以外で日本語を学習できる最適な方法となるでしょう。

日本でオンラインカジノをプレイするなら国内人気No.1オンラインカジノ「Vera&John」がオススメ!

 

日本映画を観ながら日本語を学ぶメリット

 

まず何よりも、楽しみながら言語を学ぶことができます。ゆっくり座って映画鑑賞を楽しむことは、全く難しいことではありません。このように楽しいと思えることであれば、続けられる可能性が高くなります。

そして、日本人向けに作られた映画を鑑賞することで、ネイティブスピーカーが話す生の日本語に触れることができます。そのため、よりリアルな話し言葉や日常会話、スラングも覚えられるようになります。映画を観ることで、日本の文化や社会習慣に加えて、会話内でのエチケットも学ぶことができるでしょう。

また、日本語の映画を通して様々なタイプの話し手の会話を聞くことができます。多様な音域、話し方、アクセントに触れることができ、さらに様々な文脈でどのように語彙が使われているかを知ることができるでしょう。

 

映画を通して日本語を学ぶ方法

 

以下に示すような正しい方法で日本映画を鑑賞すれば、あなたの日本語学習がさらに一段上にステップアップできるかもしれません。

  • 自分の学習レベルに合った映画を選びましょう。
  • 映画の概要を把握してから鑑賞しましょう。
  • 話し言葉に注目してみましょう。受動的に映画を見るのではなく、映画で勉強する気持ちで!
  • 登場人物のボディランゲージをよく観察し、発音を真似てみましょう。
  • 繰り返して観ることの重要性を理解しましょう。
  • 時間を細かく区切りながら観てみましょう。
  • 字幕は必ずオンにしてください。きっとあなたの理解を助けてくれるはずです!

 

日本語学習者向けのおすすめ日本映画

『海街diary』

同名のコミックスを原作とした映画『海街diary』は、成人した3姉妹が父親を亡くした後、まだ10代の異母妹との絆を深めていこうとする姿を描いた、許しと無償の愛がテーマの物語です。是枝裕和監督が2015年に製作した本作は、まるでこの家族の一員になったような気分になれる「巧みに構成された」一作です。

『となりのトトロ』

宮崎駿監督作品の『となりのトトロ』は、日本語学習者にはすでにお馴染みの、優れたアニメ映画です。二人の姉妹が幼少期に出会ったトトロという名の妖精との出会いを描いた物語で、観ればほのぼのとした心温まる気持ちになれるでしょう。ストーリーはとても心温まるセンチメンタルな内容です。この映画が常にランキング上位にランクインしていることを考えても、一度観てみる価値がある作品だと思います。

『リバーズ・エッジ』

1990年代にカルト的な人気を誇った岡崎京子作の漫画『リバーズ・エッジ』を原作とした本作品は、高校時代に直面する様々な問題に悩む、10代の若者たちの姿を描いた作品です。行定勲監督は、漫画の挑発的なトーンをそのままに、高校生活をシニカルに描いていています。Netflixで配信されているため、特に日本語学習中の方であれば、この映画を観ない理由は見つからないでしょう。

楽しんで鑑賞しながら日本語のスキル向上に役立つ作品が、このような素晴らしい日本映画作品の中からきっと見つかるはずです。